HOME 会社概要 過去記事見出し一覧 特集 電子版 購読申し込み お問い合わせ

3月31日をもってPDF公開を終了し、4月1日より新たな電子版閲覧サービスを開始いたしました。
新サービスでは、バックナンバーのテキスト検索が可能となります。

紙媒体のご購読者は、無料で利用可能です。ご希望の方は、こちらのフォームよりお申し込みください。

2021年4月21日

Top News トップニュース

◇年次報告書『パンデミック中の運輸革命』を公表
=トゥガデ運輸相「対応・回復・繁栄が今後の指針に」=
=比DOTr、海事部門は船員交代やデジタル化等を紹介=

(左)トゥガデ比国運輸相 (右)ドゥテルテ比国大統領

フィリピン運輸省(DOTr)は20日、「パンデミック中の運輸革命」と題した2020年の年次報告書を公表した。COVID-19の影響を大きく受けた運輸部門における各種の取り組みについて、航空・空港、鉄道、道路、海事の4部門にわけて紹介。海事部門では、船員交代ハブの設置、港湾施設等への支援、電子発券システムや料金徴収システム、個人追跡システム等のデジタル化について取り上げた。アーサー P. トゥガデ運輸大臣は「すべての公共交通機関に厳格な健康・安全プロトコルを導入することで、COVID-19に直面しても回復力を発揮できるよう努める。対応、回復、繁栄の3つの言葉が今後の我々の指針となる」とコメントした。

Table Of Contents 目次

【海運】
◇米国東岸/トルコが24,000㌦
=パナマックス、2,441Pに上昇・閑散=
=ケープインデックス、続伸も成約ゼロ=

◇ケープは11日続伸で28,830㌦
=航路平均用船料、全船種が上昇=

◇台湾揚げがWS32.75で1件
=VLCC成約、閑散・レート横バイ=

◇グリーンシップオブザイヤーを初受賞
=日本郵船、メタノール燃料船がMPAから=

◇シップオーナーオブザイヤーを受賞
=AET、MPAから海事ウィークに表彰=

◇カムサマックスを2,350万㌦で取得
=キャスターマリタイム、市況連動で用船=

◇初の38型ハンディのFFAが完了
=シンプソン、星港・欧州の取引所で=

◇タイ・南ベトナム改編、6月開始
=ONEジャパン、釜山抜港は5月から=

◇4月29日、5月1~5日は休業日に
=ONEジャパン、B/L・D/Oカウンター=

◇年次報告書『パンデミック中の運輸革命』を公表
=トゥガデ運輸相「対応・回復・繁栄が今後の指針」=
=DOTr、海事部門は船員交代やデジタル化等を紹介=

◇次世代舶用燃料のGHG・炭素強度で非公式討論会
=IMO、ライフサイクル評価を通じた規制方法で議論=

◇新たな助成金制度「MINT-STARTUP」を発表
=星港MPA、デジタル化に向けた各種協力も推進=

◇海事産業強化法案、衆院本会議・全会一致で可決
=即日参院送付、カボタージュ堅持等の付帯決議も=

◇小型船舶対象の機関故障検索システムが稼働
=武田運安委員長、燃料種類から検索可能=

◇マルチテナント型物流施設、22年6月竣工へ
=プロロジス、「パーク神戸3」の起工式=

◇梶山経産相、シャルマCOP26議長と情報交換

【造船】
◇気候変動関連財務情報開示TF提言への賛同表明
=日立造船、気候変動関連情報の開示拡充へ=

◇救急車等向け感染制御機器2機種を販売開始
=IHI、深紫外LEDユニットに変更=

◇川重、明石・兵庫工場で各1名がコロナ感染

◇三菱重工 機構改革及び人事異動

【シッピング・フラッシュ】
◇新造船、7月末から西地中海に就航
=MSCクルーズ、夏期の地中海・北欧日程=

◇パレスチナのワクチン接種格差で論考
=笹川平和財団、国際情報ネットワーク分析=

◇ヤマト、ロクシタンJと戦略的パートナーシップ

◇国土交通省 人事異動(21日付)

◇三菱重工業 人事異動(30日付・5月1日付)

過去記事見出し一覧