HOME 会社概要 過去記事見出し一覧 特集 電子版 購読申し込み お問い合わせ

3月31日をもってPDF公開を終了し、4月1日より新たな電子版閲覧サービスを開始いたしました。
新サービスでは、バックナンバーのテキスト検索が可能となります。

紙媒体のご購読者は、無料で利用可能です。ご希望の方は、こちらのフォームよりお申し込みください。

2021年5月14日

Top News トップニュース

◇内航船員問題の解決目指し、次世代省力化船を開発
=集中荷役・離着桟支援・遠隔監視システムを搭載=
=冨士汽船・本瓦造船、199型ケミタン「りゅうと」=

(左から)本瓦造船・本瓦社長、冨士汽船・畝河内代表取締役、
SKウインチ・曾我部社長

冨士汽船と本瓦造船は13日、深刻化する小型内航船舶を中心とした船員不足と高齢化問題の解決に資する船として、次世代省力化船スマートアシストシップ「りゅうと」を開発、間もなく完工すると発表した。同船は、瀬戸内航路に就航する199型内航ケミカルタンカーで、荷役作業を操舵室から遠隔操作が可能な「集中荷役遠隔システム」、平行移動やその場旋回も可能な「離着桟支援システム」、荷役・運航情報データをISOデータサーバーを介して共有する「遠隔監視システム」を搭載した最新鋭船。これにより、10年間で船員約1人分のコスト回収、月36時間/人の労働時間削減を実現するという。今後、安全性等の検証を経て、規制緩和へとつなげることを狙う。

Table Of Contents 目次

【海運】
◇世界初、バージからメタノール燃料供給
=“Takaroa Sun”、ロッテルダム港で完了=
=郵船、ウォーターフロントシッピングと=

◇黒海/星港~日本が33,500㌦
=パナマックス、3,067Pに下落・閑散=
=ケープインデックス、続落で成約ゼロ=

◇パナは10日ぶり下落で27,606㌦
=航路平均用船料、ハンディは続伸=

◇PG積み、イースト揚げが2件のみ
=VLCC成約、閑散・レート横バイ=

◇既存船の脱炭素プロジェクトに参加
=郵船、燃料転換の技術・経済・環境面を評価=

◇大ガス協力会社向け比国人配管工を現地で教育
=商船三井、外国人人材事業の1号案件が始動=

◇アジア発欧州向けで重量サーチャージ
=ONEジャパン、16日からリーファーで=

◇郵船「SAKURA LEADER」「かぐや」受賞

◇ENEOSオーシャン、役員人事(6月22日付)

◇インド人船員、2回のPCR等で本邦入国は可能
=政府原則「拒否」も「特段の事情」と適用除外=
=海事局が厳格なプロトコル、関係団体に発出=

◇海事産業強化法案、参院委・全会一致で可決
=6人の与野党議員が競争力強化策等を質問=

◇「コロナを克服し海事業界復活に向けて」要請
=海事振興連盟・海事5団体、菅総理に決議を手交=

◇6月中旬から船員向け予防接種プログラムを開始
=オランダ王立船主協会、約49,000本を提供=

◇船員の証明書類を電子化、大幅コスト削減へ
=パナマ海事庁、2020年12月以降に95,000件処理=

◇大連海事大学で8名の奨学生受け入れへ
=パナマ海事庁、「中パ海事奨学金プログラム」で=

◇「GMNプロジェクト」が2022年3月まで延長
=IMO、4地域のMTCC通じ脱炭素化を支援=

◇地元学生30名対象にインターンシップを実施
=星港MPA、GIAプログラム参加企業・7月まで=

◇「GLP ALFALINK 流山 5 & 6」に着工
=2023年1月竣工へ、三井食品が入居へ=

◇梶山経産相、英エネ相とグリーン戦略等議論

◇モノフル、インフォセンスと代理店契約

【造船】
◇内航船員問題の解決目指し、次世代省力化船を開発
=集中荷役・離着桟支援・遠隔監視システムを搭載=
=冨士汽船・本瓦造船、199型ケミタン「りゅうと」=

◇売上高1.11兆円・当期利益169億円で減収増益
=民間エンジンが大幅悪化、ライフサイクルは増収=
=IHI・2020年度決算、今期よりIFRSを適用=

◇船舶部門で大幅減益、引き渡し実績は7隻に
=内海造船2021年3月期決算、新造船受注は7隻=

◇営業益は153億円、機械は黒字転換
=日立造船、2020年度決算は増益=

◇LNG燃料自動車船 “SAKURA LEADER” が受賞
=船舶海洋工学会、シップ・オブ・ザ・イヤー2020=

◇海外統括本部と風力発電で営業部を新設
=日立造船、7月1日付で組織改正=

◇初のスマート符号をケミカルタンカーに付与
=ビューローベリタス、FURETANK社に=

◇小口径LPG二元燃料船の設計を承認
=ビューローベリタス、佐々木造船にAiP=

◇遠隔モニタリングや無人船でウェビナー
=ビューローベリタス、19日にマーリンクと=

◇名門大洋F向け「フェリーきょうと」12月就航
=三菱造船、大型フェリーの命名・進水式=

◇日立造船、役員異動(6月22日付)

【シッピング・フラッシュ】
◇東京圏鉄道の課題やコロナ対応を講演
=運総研、7月5日にシンポジウム=

◇ビューローベリタス、EEXI規制を解説

◇NCL、来夏「プリマ」スタート

◇笹川平和27日フォーラム、「赤潮」で

◇笹川平和、EU・NATO協力とインド太平洋

◇国交本省、54例目の感染者

◇JOGMEC、石油・天然ガス資源情報

◇日立造船、人事異動

過去記事見出し一覧