HOME 会社概要 バックナンバー 特集 購読申し込み お問い合わせ

2019年10月18日

Top News トップニュース

◇小久江船長「少しでも良い景色を感じて」
=改装直前の船内公開、船旅の魅力を発信=
=海事局、郵船クルーズ「飛鳥Ⅱ」見学会=

郵船クルーズ「飛鳥Ⅱ」

国土交通省海事局は17日、東京都中央区の晴海埠頭で郵船クルーズ運航の客船「飛鳥Ⅱ」の見学会を開催した。報道機関のほか、YouTuberも招き、幅広い層に船旅の魅力を発信した。同社の小久江尚船長は「少しでも良い景色を見せたい。最初に乗船するときのワクワク感を下船時にも感じてほしい」と乗客の思い出に残る航海を心掛けていることを説明した。同船では来年1月からリニューアル工事が行われることから、参加者は改装直前の船内の様子を熱心に見学した。

Table Of Contents 目次

【海運】
◇小口理事長「海運の発展に向け有効な情報提供」
=明珍川汽社長「時代変わろうとも人の繋がり大事」=
=シップブローカーズ協会、創立60周年パーティー=

◇北太平洋/星港~日本が同15,000㌦
=パナマックス、1,888Pに軟化・閑散=
=ハンディインデックス、ジリ安で成約ゼロ=

◇リチャーズベイ/インドが32,500㌦
=ケープインデックス、3,194Pに下落=

◇パナは2日続落で15,132㌦
=航路平均用船料、ケープのみ上昇=

◇“LILY PROMENADE”、スクラバーを搭載
=日本郵船、アストモス向けVLGCの命名式=

◇タンカー関係者にAR航海情報システム紹介
=商船三井、古野電気とドバイでプレゼン=

◇飯野海運、台風19号被害に300万円の義援金

◇小久江船長「少しでも良い景色を感じて」
=改装直前の船内公開、船旅の魅力を発信=
=海事局、郵船クルーズ「飛鳥Ⅱ」見学会=

◇2018年~23年の需要年平均成長率3.2%
=経産省、世界の石油化学製品の需給動向=

◇三好北極担当大使がスピーチ、60ヵ国参集
=第7回北極サークル、業界間で意見交換=

◇国際海コン車等の特車通行許可を迅速化
=国交省、台風19号被災地支援・物流確保で=

◇「SDGs」「ホワイト物流」、持続可能性めざし
=JILS、24・25日に「ロジスティクス全国大会」=

◇「GLP平塚I」着工、20年11月竣工へ
=中央物産が専用施設に、延床約42,000m2=

◇「モーダルシフト取り組み優良事業者表彰式」を開催
=物流連、11月25日に東京・学士会館で=

◇皇室の灯台訪問時の写真等を特別展示
=海保、全国で行事「令和」灯台記念日=

◇海保、新測量船名「光洋(こうよう)」に決定

【造船】
◇山田会長「日本の強みである高い品質維持を」
=令和元年度舶用マイスター認定証交付式=
=日舶工、13回・累計70社427名に=

◇「後進の育成、地域貢献を通じてさらなる活躍を」
=日舶工、舶用マイスター認定祝賀会を開催=

◇MSC、大宇に23,000TEU積5隻を追加発注
=契約総額7億6,200万米㌦、2021年竣工=

◇リンドブラッド、最新船の本格工程入り祝う
=ナショジオ・シリーズ極海クルーズ船第4船=

◇NK、台風19号被害に500万円の義援金拠出

【シッピング・フラッシュ】
◇中国揚げがWS145で計4件
=VLCC成約、閑散でレート急落=

◇プロダクションショー「ファイブ・スカイズ」導入
=プリンセスC、「スカイ・プリンセス」で11月=

◇船上でシルク・ドゥ・ソレイユ新作を公
=MSC、グランディオーサで2種のショー=

◇東京港夜景観賞ツアーの参加者を募集
=都港湾局、11月27日・抽選で250名=

◇「GLP流山Ⅲ」がLEEDゴールド認証を取得
=日本GLP、同社施設では7施設目=

◇NCL、2人目半額キャンペーンを延長

◇MSCクルーズ、バハマ・プライベート島イメージ

バックナンバー