HOME 会社概要 バックナンバー 特集 購読申し込み お問い合わせ

2020年8月3日

Top News トップニュース

◇73億円の経常黒字、通期予想は据え置き
=エネルギーとコンテナ増益、自動車は損失=
=商船三井、2020年度第1四半期決算=

商船三井は7月31日、2020年度第1四半期決算を発表した。(1)売上高 2,514億7,100万円(対前年同期比11.2%減) (2)営業損益 ▲51億2,600万円 (3)経常利益 73億5,800万円(同比47.5%減) (4)純利益 54億9,100万円(同比55.3%減)―となった。エネルギー輸送事業とコンテナ船事業が増益となり、新型コロナウイルスの影響下でも経常黒字を確保。一方、自動車船事業は第1四半期に輸送台数が前年同期比で約4割減少し、大幅な損失を計上した。通期業績予想については、新型コロナウイルス終息の目途が立たず、自動車船やコンテナ船を中心に今後の不透明感が残ることから、据え置きとしている。

Table Of Contents 目次

【決算】
◇73億円の経常黒字、通期予想は据え置き
=エネルギーとコンテナ増益、自動車は損失=
=商船三井、2020年度第1四半期決算=

◇税引き後損益1.67億㌦で大幅増益
=積高は減少も減便や燃料安で黒字に=
=ONE、2020年度第1四半期決算=

◇ドライ市況低迷で営業益6,400万円に減
=NSU海運、2020年度第1四半期業績=

◇3.16億円の営業損失、中間配当は実施へ
=川崎近海汽船、2020年度第1四半期決算=

◇営業益5億円に減、外航は黒字確保
=明治海運、2020年度第1四半期決算=

【海運】
◇北太平洋/星港~日本が10,000㌦
=パナマックス、1,203Pに上昇・やや閑散=
=ハンディインデックス、増減なく成約ゼロ=

◇エレーリ/パッセロが20,000㌦+BB付
=ケープインデックス、2,210Pに上昇=

◇ケープは2日続伸で18,326㌦
=航路平均用船料、パナも上昇=

◇在宅勤務で出社率30%を目安に
=NSU海運、新型コロナウイルス対応=

◇TRINITY BULKを連結子会社化
=明治海運、パナマ子会社の株式追加取得=

◇高速ジェット船で伊豆大島を日帰り散歩
=東海汽船、9月26日「ブラさんぽツアー」=

◇新日本海フェリー、第一船就航から50周年
=舞鶴港、あす旅客ターミナルで記念イベント=

◇飯野海運、7月豪雨被害に義援金

◇「操練・当直引継」を時間外労働割増手当の対象に
=船主委員「拙速」と慎重意見も、海員組合は賛意=
=国交省、船員部会で働き方改革案・次回成案化へ=

◇セブ市が一般検疫措置に一段規制緩和へ
=メトロマニラと周辺5州は一般検疫継続=
=比国中央政府、8月1日~15日検疫エリア=

◇マスク常時着用・公共交通機関の利用禁止等
=外国寄港地からの乗船期間含む14日間の待機必須=
=チリ共和国、船員交代のガイドラインを公表=

◇今作はLNG船が舞台、アニメ第4弾完成
=国際船員労使、『J-CREWプロジェクト』=

◇瀬戸内「緊急確保航路」に橘・東伊予港海域を追加
=政府、港湾法改正施行令を8月12日に施行へ=

◇占用料等の納付期限猶予、最長1年間延長
=都コロナ対策本部、港湾・海岸保全区域等=

◇「沖縄MaaS事業連携体」フェリー4社ら参画
=国交省、R2年度/日本版MaaSモデル事業選定=

◇交政審、最低賃金「専門部会」を設け審議へ
=内航・旅客船の船員最低賃金の諮問を受け=

◇代表施設はゲートハウス「みたか」7日に登録
=港湾局、「みなとオアシス」、全国143ヵ所に=

◇原油輸入量6月、912万kLと前年比68.8%
=石油統計速報、中東依存度95.2%と8.2P増=

◇清水校、清水港管理局から感謝状
=JMETS、将来の海洋産業者育成で=

◇船協、コロナ感染者増で交代勤務を当面継続

【造船】
◇三井E&S、常石造船と資本提携で協議開始
=MES-S株式の一部譲渡で年内に最終契約へ=
=商船事業の強化、艦艇事業はMHIと協議継続=

◇認証サービス「Innovation Endorsement」を開始
=NK、革新技術を対象・スピード重視の運用=

◇第3回ふね遺産に「雲鷹丸」「明治丸」等7件
=日本船舶海洋工学会、非現存船も対象に=

◇仏GTT、露ズベズダ造とLNG船建造で協力
=事業の特化を目指す造船所を技術支援=

◇金陵船廠、GEFOのケミカルタンカーを起工
=LNG燃料式への作り変えが可能な仕様に=

◇カーニバルの「マルディ・グラ」竣工延期へ
=新型コロナウイルス感染症流行の影響で=

◇超高層ビル高層階向け通信システムを開発
=古野電気、戸田建設・ピコセラと共同=

◇国内初、ジャパンブルーエコノミー技術組合設立
=うみそら研・笹川平和財団、技術開発等を研究=

◇ダーメン造船G、無排ガスフェリー引き渡し

【シッピング・フラッシュ】
◇水溶性ガス田操業の課題解決へ取り組み
=JOGMEC、石油・天然ガス情報に掲載=

◇国土交通省 人事異動(1日付)

◇商船三井 人事異動(1日・15日付)

◇名村造船所 人事異動(1日付)

バックナンバー