HOME 会社概要 バックナンバー 特集 購読申し込み お問い合わせ

2018年10月19日

Top News トップニュース

◇森田組合長、アジア太平洋地域船員委議長に再選
=ITF第44回世界大会、地域選挙グループで選出=
=副議長に星港SMOUテイ氏と印NUSIセラン氏=

全日本海員組合代表団と比国AMOSUP代表団ら

国際運輸労連(ITF)「第 44 回世界大会(ITF 44th Congress、於/シンガポール)」は16日、大会3日目を迎え、アジア太平洋地域選挙グループを開催し、同域の議長選等を実施した。この結果、「ITFアジア太平洋地域船員部委員会(APSRC)」議長には、全日本海員組合の森田保己組合長が再選された。副議長(東南アジア)には、シンガポール商船職員組合(SMOU)のトーマス・テイ名誉書記長が、副議長(南アジア)には、インド全国船員組合(NUSI)のアブドゥルガニ Y. セラン書記長がそれぞれ再選された。

Table Of Contents 目次

【特集③:ITF第44回世界大会】
◇森田組合長、アジア太平洋地域船員委議長に再選
=ITF第44回世界大会、地域選挙グループで選出=
=副議長に星港SMOUテイ氏と印NUSIセラン氏=

【海運】
◇日本は530㌦超え、ロッテは20㌦超の下落
=原油価格反落が影響、韓国は需要集中で高値=
=今週のバンカー価格、上昇止まる=

◇北太平洋/星港~日本が15,750㌦
=パナマックス、1,796Pに上昇・盛況=
=ケープインデックス、軟化で成約ゼロ=

◇ケープは4日ぶり下落で18,683㌦
=航路平均用船料、HMAXも値下がり=

◇円安や市況堅調で当初想定を上回る
=NSU海運、中間期業績予想を修正=

◇林社長が歓迎、日本市場開拓に意欲
=YKIP、台湾・陽明海運の本社訪問=

◇日オランダ、港湾分野の協力強化へ
=22日に覚書に署名へ、星港に続き=

◇最低賃金の改正額をめぐり再度審議へ
=交政審、22日に第2回内航鋼船最賃部会=

◇うみそら研、海上流出油の漂流予測で講演
=国総研、環境研究機関が11月13日シンポ=

◇Wan Hai Lines、INTTRAネットワークに加入
=世界トップ12までの海運事業者と提携=

◇30年度上期、2,220億円と6期連続貿易黒字
=財務省統計、原油34%・石油製品37%輸入増=

◇ウォーター安全ガイドにミニボート編を追加
=海保庁、「誰もが安全・安心に海で遊べる」=

◇総輸送量6.2%減、主要10品目すべてで減少
=国交省、30年7月の内航船舶輸送統計月報=

◇小学生が川汽の犬飼船長にインタビュー
=海事広報協会、きょう豊橋で海運の授業=

◇関東運輸局、「Dプリンセス」の安全をPSC確認

◇海事振興連盟、11月19日に30年度通常総会

◇22日に都内で日EUハイレベル貿易経済対話

◇第24回RCEP交渉、18から27日にNZで

【造船】
◇ShipDC、「IoS-OPテストベッド」を開設
=船陸通信テストや船上アプリとの接続確認等=

◇MSCクルーズ、ラグジュアリー船市場に参入
=フィンカンティエリに4隻発注・2023年第1船=

◇2020年に改修、「カーニバル・ビクトリー」
=カーニバルCL、所有船の大規模改修計画で=

◇H-Line、現代三湖でLNG式バルカーを建造
=180,000重㌧2隻、建造費1億4,200万米㌦=

◇メイヤー・トゥルク造で作業員の死亡事故

◇J-ENG、CIMACセミナーで若手技術者が論文発表

【シッピング・フラッシュ】
◇中国揚げがWS76等で計4件
=VLCC成約、やや閑散も底堅く推移=

◇「境界のないアートの世界」体験コラボ企画
=ゆりかもめ、森ビル・チームラボとお台場で=

◇運総研、設立50周年機に英文名とロゴマーク

◇JMU有明、マラッカ型VLCC引き渡し

バックナンバー