HOME 会社概要 バックナンバー 特集 購読申し込み お問い合わせ

購読者向け日刊紙面(PDF)はこちら

パスワードは本紙をご参照いただくか、お問い合わせフォームより、その旨お知らせください

2020年5月28日

Top News トップニュース

◇「乗組員交代の無期限延期は許容できず」
=海洋エネ/港湾・空港職員もキーワーカー=
=IMO/ICAO/ILO、各国「早急対応を」共同声明=

ISHIZUCHI Ⅱ(写真提供:名村造船所)

国際海事機関(IMO)、国際民間航空機関(ICAO)、国際労働機関(ILO)は26日、船員、海事職員(マリンパーソナル)、漁船員、海洋エネルギー部門職員、航空職員、航空貨物サプライチェーン職員、港湾・空港サービス提供者を「キーワーカー」に指定することを求めるとともに、乗組員交代が港湾/空港で円滑に行われるために政府や自治体等が取るべき対応を盛り込んだ共同声明を発出した。「国際的な安全規制や雇用規制を遵守する必要性等の人道的な観点から、乗組員交代を無期限に延期することは許容できない」と強調し、港湾/空港を中心とした各国関係当局が早急に行動を起こすよう強く求めた。

Table Of Contents 目次

【海運】
◇星港は290㌦、ロッテは257.5㌦に上昇
=燃料油の需要は依然低調、逼迫感は弱く=
=バンカー価格、原油反発で値上がりの兆し=

◇EC南米/星港~日本が12,000㌦+BB付
=パナマックス、656Pに上昇・閑散=
=ケープインデックス、軟化で成約ゼロ=

◇ケープは2日続落で4,120㌦
=航路平均用船料、中小型は続伸=

◇住友共同電力向け石炭船、名村造船で竣工
=商船三井、“ISHIZUCHI” の後継船=

◇全役職員2班に区分、出勤と在宅勤務で交代
=ONEジャパン、緊急事態解除後の勤務体制=

◇テレワークと時差出勤で出社率30%に
=飯野海運、6月からの新型コロナ対応=

◇「乗組員交代の無期限延期は許容できず」
=海洋エネ/港湾・空港職員もキーワーカー=
=IMO/ICAO/ILO、各国「早急対応を」共同声明=

◇メトロマニラ、6月から一般検疫に移行の可能性
=比国大統領・今週中にも決定、滞留船員15,000人=

◇協約改定全74社・臨手46社妥結で残り2社
=海員組合・外航部委、R2年度春闘結果を承認=

◇海事局、一級機関27・28日/二級機関20・21日に
=コロナ対策で海技士7月定期試験の日程を一部変更=

◇25日に中東海域に出航、日本関係船安全へ
=第2次隊・護衛艦きりさめ、コロナ陰性を確認=

◇内航海運等の大量輸送機関の積極的活用を
=政府省庁連絡会議、夏季省エネ取組み方針=

◇国交省向け国費169.3億円、公共交通実証事等
=政府、令和2年度コロナ対策補正予算を閣議決定=

◇2020夏季電力需給、予備率3%を確保へ
=経産省、19冬季電力需給・予備率3%確保=

◇泉大津の港湾緑地コンセに1,400万円交付へ
=国交省、R2年度 PPP/PFI支援事業を決定=

◇都港湾局、所管施設の再開予定を更新

【造船】
◇現代重工業、新CEOにLee Sang-kyun氏が内定
=グループ内事故続き、体制見直し安全再確認=

◇香港タイタン・ペトロが資本再編を計画
=資金調達の柔軟性向上目指し、6月末実施=

◇EPS、現代尾浦にLPG船3隻の建造を発注
=2022年竣工、エクイノールのチャーター船=

◇2020年度下半期の助成事業を募集
=ツネイシ財団、6月1日から7月31日まで=

【シッピング・フラッシュ】
◇中国揚げがWS52等で計5件
=VLCC成約、閑散でレート横バイ=

◇総輸送㌧キロ▲0.4%減、原油は大幅増
=国交省、令和2年2月分の内航船舶輸送統計=

◇「配車プラス」スタータープランを提供開始
=モノフル、12月まで月額0円キャンペーン=

◇ブログでツバルのサンゴ礁危機を紹介
=海洋政策研究所、「海のジグソーピース」=

◇川崎重工業 人事異動(6月1日付)

バックナンバー