HOME 会社概要 過去記事見出し一覧 特集 電子版 電子版申し込み 購読申し込み お問い合わせ

2024年6月14日

Top News トップニュース

◇バングラデシュやインドで減速懸念
=パキスタンも閑散、紅海危機で苦境続く=
=GMS、6月第1週のスクラップ買取価格=

スクラップヤード

キャッシュバイヤーのGMSによると、6月第1週のスクラップ買取価格は前週から動きがなく停滞した。首位のバングラデシュでは2024~2025年度予算が承認されたが、インフレの影響もあり保守的なものとなっており、再び信用状(L/C)承認が制限されることが懸念される。インドではモディ首相が3選を果たしたものの連立政権となったことで、インフラ・プロジェクトに関する公約も推進スピードの減退も考えられる。パキスタンは手持工事が尽きかけているが、モンスーン等を背景に操業を落として対応しており、新規の獲得はできていない。トルコは全くの変動なしで依然として不況が続いている。紅海危機等の継続によりトン数不足が当面続き、シップリサイクル市場は停滞すると予測している。

Table Of Contents 目次

【企業・経営】
◇バングラデシュやインドで減速懸念
=パキスタンも閑散、紅海危機で苦境続く=
=GMS、6月第1週のスクラップ買取価格=

◇社会実装へのルール作りや産官学の共創を提唱
=日本郵船、東北大らNP拠点事業開始シンポ参加=

◇自営倉庫事業開始、高付加価値の物流サービス提供
=商船三井、ドバイ倉庫事業大手INDUと合弁=

◇児童用学習机と椅子の無償輸送に協力
=川崎汽船G、チリ・サンチャゴ日本人学校へ=

◇フーシ派が商船3隻を攻撃と発表
=紅海情勢、バルカー・コンテナ等=

◇コンテナ火災等、共同WGフォローアップ
=IUMI、IACSと脱炭素・デジタル化等で協調=

◇インマル、船員向けフリートホットスポット割引

◇NXHD、13年連続SOMPOサステナ構成銘柄に

◇旭海運、新役員体制(13日付)

【不定期船】
◇ケープ、3営業日続落で22,608㌦
=航路平均用船料、パナは6営業日続伸=

◇バンカー価格、全種・全地域で上昇
=タンカー用船料、VLCCのみ下落=

【コンテナ・港湾物流】
◇前年比▲10.4%の3,347億㌦
=JETRO、2023年日中貿易額=

◇ボルチモア港、大型商船の通航再開
=統合司令部、連邦主水路が完全復旧=

◇MSCのHHLA株取得承認を延期
=ハンブルク市議会、港湾労組ら反対=

◇IDC、Maerskとの紛争でILAを支持
=労働協約労使交渉をキャンセル=

◇星港でコンテナ価格、8ヵ月で26%上昇
=xChange、到着船増・リース料2倍=

◇運賃高騰と米東岸・ガルフ諸港に混乱懸念
=米輸入業者、ILAのストライキ等を背景に=

◇物流業界の次世代リーダー育成めざし
=プロロジス、東京・大阪でアカデミー開講=

【海事政策・労務】
◇石油等の不正輸送関与でタンカー船長らに制裁
=米財務省、フーシ派やガイアナの汚職問題等で=

◇「新燃料・気候対応への船員訓練等、科学投資を」
=ICS、ロイザガ比環境天然資源大臣インタビュー=

◇安全文化への意識向上、ベストプラクティス共有
=MARINA、SPCとトレーニング・セッション等=

◇海上安全等に貢献「ティモネル・アワード」
=比MARINA長官、設立50周年のハイライト=

◇1,124隻と前年同月比▲51.1%減
=スエズ運河、通航船隻数4月=

◇「与野党・自治体の境を超え社会課題の解決を」
=瀬戸内4県を中心に瀬戸内フォーラム発足=

◇伊勢課長「運賃・用船料、荷主協力が不可欠」
=国交省、R6年度第1回内航安定・効率輸送協=

◇国交省、現状報告と今後の取組み等を議論
=第3回サイバーポート進捗WG「港湾物流」=

◇国交省らR6年度トラック省エネ支援事業を公募へ

【造船・舶用】
◇省エネデバイス「硬翼帆」2027年に商品化へ
=常石造船、三井E&S造船・昭島研究所と共同=

◇64,000DWT型ばら積み船を引き渡し
=今治造船、“AFRICAN LORIKEET” 竣工=

◇香港条約発効やPFOS消火剤の使用禁止等
=BV、2025~2026年適用開始のIMO要件まとめ=

◇日本展はギ船主らで終始賑わう、32,527名来場
=日舶工、「Posidonia 2024展示会」参加報告=

◇古野電、無印良品らと7月西宮でイラストパネル展

【シッピング・フラッシュ】
◇「脱炭素化に向けたボトムアップアプローチ」
=BVジャパン、「BV MAGAZINE」を発行=

◇JOGMEC、天然ガス・LNG最新動向

◇ヤマト運、「B2クラウドAPI」を公開

◇国交省、7月に公共・民間向けPPP/PFI研修

◇笹川平和、アフリカ「選挙イヤー」の動向と行方

◇笹川平和、7月2日「総選挙後の日印関係展望」等

◇Hacobu「MOVO」利用事業所20,000ヵ所突破